2008年02月23日

息子の代理でレッスンに!

息子は今日レッスンだったのですが、
期末の勉強をするために塾で勉強したいので、
お母さんが代わりにレッスンに行って欲しいとの事。

M美先生は、とても良心的で、今回のように
息子が急に行けなくなると、
息子の枠で私のレッスンを代わりにして下さるのです。

振り替えてもいいのですが、
来週はビッチリ期末テストで、振り替える日もないので、
私が今日はレッスンに行きました!

あさってH氏先生にレッスンしていただく曲は
ショパンエチュード
10−1
25−1
なのですが、

M美先生には先月見ていただいた
ドビュッシーのベルがマスク組曲プレリュード
バッハ ゴルドベルグ変奏曲 アリア&第一変奏
を今日見ていただきました。

続きを読む

tomojo at 00:03|PermalinkComments(8) ピアノ | レッスン

2008年02月22日

深夜にとりつかれたようにバッハを弾く

ただいま、昼休み中@仕事場

夕べ、1時過ぎにブログを書いてベットに入ったのですが、
ゴルドベルグ変奏曲のCDを流しながらうとうとと眠りそうになった瞬間、
ハタと気になった箇所が発覚。

ん??すごく気になって気になって、今にも眠りそうになっていたのに
目が冴えてしまった。


どうしても、気になって、楽譜を見て確かめようと、
ベットからガバッと起き上がる。

ピアノで弾いて試したくなる。
別に、とりたててたいしたことなかったんだけど、
まあ、こういう弾き方もありか・・・っていう程度で収まり、
気になった個所はすっきり。

深夜二時だというのに、今度は眠れなくて、
一発ゴールドベルグ変奏曲を弾いたら、ますます頭が覚醒してきてしまった。

仕方がないので、ちょっと10分だけ弾いて寝ようと思ったら
気がついたら明け方4時になってました(笑)

10分のつもりがぁ〜〜〜〜〜

続きを読む

tomojo at 12:51|PermalinkComments(10) クラシック | ピアノ

今日もまたまたピアノ弾けず・・・

今日もまた昨日に引き続き、ピアノを弾けませんでした。

全く触らなかったわけではないのですが、
朝練で、ショパンのエチュード
木枯らし、を3回。
10−1、エオリアンハープ
ドビュッシーベルガマスク組曲、プレリュードと、
ゴールドベルク変奏曲、アリアと第一変奏を
それぞれ一回ずつ。

練習したと言うより、
触っただけ。

というのも、
40肩なのか(笑)
最近肩の調子が悪く、
ずっと肩のコリがひどかったのが、
どんどん悪化してきて、
今日は腕を上げただけでも痛かったので、
ピアノはオヤスミすることに。

続きを読む

tomojo at 01:17|PermalinkComments(6) クラシック | ピアノ

2008年02月21日

今日はピアノが弾けなかった〜〜

今日は一日中忙しくてピアノが弾けませんでした
週末はH氏先生のレッスンなのに・・・・
エチュード、もっと練習しないと。
エオリアンハープも暗譜だし・・・

金曜日は息子が試験前でレッスンに行けないので、
お母さん代わりに行って?って言われてしまい
M美先生のレッスンも行く事になるかも。

息子がいけない時は、代わりに30分見ていただいているのですが、
となると、M美先生に見ていただくための
ドビュッシーもバッハも仕上げないとならないし・・

どうしましょーー。

明日は仕事の〆で、明日の午前中に仕事仕上げたら
少しはピアノに専念できるかなーーー。
続きを読む

tomojo at 01:50|PermalinkComments(6) クラシック | ピアノ

2008年02月20日

作曲者の背景を考えて弾く事の重要性!

昨日は室内楽の聴講レッスンでした

作曲者の背景を考えて弾くって事を学びました。

「のだめカンタービレ」の新春スペシャルでも、
のだめちゃんがコンセルバトワールで「あなた、日本でアナリーゼの勉強はしてこなかったの?」と言われ、モーツアルトの背景やその曲がどんな思いで作られたかということを散々勉強するというシーンがありましたが、
音楽をやる人はあたりまえのようにやっているのでしょうけど、私ものだめちゃんのように、今までそこまで考えて弾いていませんでした。

昨日のレッスン曲はブラームス。
ブラームスってドイツのどのへんの人だと思う?
いつの時代の人だと思う?
と先生の質問。
先生曰く、歴史のテストではないのだから、詳しく年号が言えるとか、そういう事はあまり関係ないけれど、どんな気候でどんな所に住んでいたのかな?ってことぐらい感じると全然曲に対する思いも違ってくるというのだ。

続きを読む

tomojo at 10:45|PermalinkComments(12) クラシック | レッスン

2008年02月19日

アーン作曲 画家の肖像

私は、一日のタイムスケジュールを、
満遍なく、
ピアノも練習し
家事もきちんとこなし
仕事も思いっきりやる
そして子育ても・・・

なーーーんていうのは苦手で、

今日は「コレ」を集中してやろう・・・
っていう1点集中型。

先日のように、夫は仕事&息子は塾で家族の帰りが遅い日などは
思いっきりピアノを弾く日にしてみたり、

家族がいる日はピアノを控え、家事に集中したり、

また、締め切りが近い日は一日中仕事をする・・・

といった具合に、メリハリをつけて・・・というと聞こえはいいが、
全部を満遍なく・・・っていうのがどうも性に合ってないみたいなのです。

続きを読む

tomojo at 02:54|PermalinkComments(2) クラシック | ピアノ

2008年02月18日

バッハの会に向けて・・・

私は二ヶ月に一度、たむさん主催の「お気楽オフ」という会に参加させて頂いています。
お気楽オフとは、
名前の通り、お気楽にピアノを弾きましょう〜〜という事なのですが、
お気楽とはいえ、スタインウェイのホールで演奏会形式、
客席は暗く、ステージだけにスポットライトが当たり、
全然お気楽じゃなくて、ついつい緊張モードになってしまいます。

まあ、お気楽というのは、演奏会のように完成形でなくても、
たとえ譜読み中の曲でも、いいんですよ・・・お気楽に弾いてください
っていうありがたい配慮なのですが、ついついお言葉に甘えてしまって、
練習不足の曲や、譜読みが終わったばかりの曲も、度胸試しに弾かせて頂いてしまっていて、そんな機会がある事はありがたいことです。

特に観客を呼ぶことはしていなくて、参加者15名程度が全員弾いて、
そして全員が観客。

聴く人が全員弾く人っていうのが、思っているより気楽です。
聴く人がみんな弾ける人だと、いろいろとチェックが厳しい?とか、全く弾けない方に聞かせるほうが気が楽?と思いきや、私の場合は逆なんですね。

続きを読む

tomojo at 10:23|PermalinkComments(14) ピアノ | バッハ

2008年02月17日

ピアノを入れる器も楽器の一部なのですね〜〜〜

昨日は、修行僧のように山と渓谷に囲まれた練習室に篭り、
ひたすら朝から晩までずっとピアノ弾いていました。

土曜日の午後の時間帯は市内の児童合唱団がグランドピアノのある音楽室を押さえてあり、
グランドピアノの部屋の予約はできず、その時間帯は、アップライトの部屋へ。

ここのグランドピアノは、KAWAIの象牙の鍵盤でC6というやや大きめのサイズのピアノ。
低音が良く響き、いい音を出すんです。

アップライトは家にあるから(でもマンションだからほとんど弾けない)わざわざ有料でアップライトを借りる気はしないな〜と、いつもグランドピアノの部屋が空いている日しか借りなかったけど、朝と晩、グランド借りれたので、せっかくだからその間の時間も弾いちゃえ・・・ってアップライトを借りたわけですが、
これがまた、すばらしい音のピアノだったんです。

ピアノは普通のYAMAHAのU3だから特別なものではないのですが、
いい音を出す原因はどうやらホールにあるようです。

続きを読む

tomojo at 10:05|PermalinkComments(4) クラシック | ピアノ

2008年02月16日

レクイエム

今日は、本当はヴァオリンの名器ストラディヴァリウスの音楽講座に参加する予定でした。

ストラディヴァリウス、アマティ、グァルネリという
ヴァイオリンをはじめ、多くの弦楽器の名器を生み出したことで世界中に知られている「クレモナ」という街は、北イタリアのロンバルディア州、南の内陸部にある静かな街なのだそうです、このクレモナが生んだもっとも有名な名工、ストラディヴァリの手によるヴァイオリンについてのレクチャーで、実際にストラディヴァリウスの音色を聞きながら、講義を受け、コンサートもついているというステキな講座だったのですが、
とっても人気の講座だったようで、お申し込みをしたところ、申し込み期日よりとっくに前に締め切っていたのです。

私も申し込み期日までまだあるから大丈夫だろうと、うっかりしていたのがいけなかったのですが、これがまた、うっかり申し込み忘れたのも意味があったようです。

講座に参加出来ないなら、仕方がないので、ピアノの練習をみっちりしようと、
近くの練習室のグランドピアノの予約を取りました。

そうしたら、いつもお世話になっている調律師さんの奥様がお亡くなりになられたとの事で、急きょお通夜の予定も入り、その斎場の場所が、なんと私が予約していたピアノの練習室からわずか5分のところだったのです。
ヴァイオリンの講座の開催場所は我が家からは遠いので、もしヴァイオリンのほうに参加していたら、お通夜までに帰ってくるにはとても慌しく、よりによって、すぐに斎場に行けるような場所に、偶然にも練習室の予約をする羽目になったとは、これもなにか意味があるのかなと思いました。

調律師さんのお宅にはベーゼンドルファーと100年もののベヒシュタインがあり、
何度か伺ってピアノを弾かせていただいた事がありました。
その際、奥様がいつも美味しい紅茶をウエッジウッドのティーカップで入れて下さったのが今となっては懐かしい思い出。

奥様はオペラ歌手で、昨年も素晴らしい歌声を聞かせていただいたのですが、
後で聞いたところによると、ご自分の人生の終わりの時期が近づいていることを
予感していらっしゃり、精一杯の思いでお歌いになられていたのだとか。

人間のご縁とは不思議なもので、その調律師さんとは家が近くだからと、
親友が紹介してくれたのですが、初めて調律にいらっしゃった日に
「私のいとこが音楽家なんです」といとこの名前を言ったところ(先日のブログに出てきたK先生のこと)調律師さんはびっくりなさり「え〜〜〜k君?僕、ウィーンに留学してた時、友達だったよ、一緒に飲みに行ったりもしてたし・・・」
とおっしゃるのですからビックリです。

え〜〜〜〜〜?地元のつながりでお願いした調律師さんがよりによって、
私の親戚とウィーンつながりだったとは!!

そんな事ってあるんですね。
それ以来、その調律師さんとは親しくさせていただいていました。

奥様は私より5〜6才年上だと思うのですが、まだまだお若いのに、
本当にショックです。

今日は、お通夜の時間少しだけ抜けますが、11時間も練習室を予約してきたので
みっちり修行僧のように山にこもってこようと思います。
(練習室の目の前は美しい渓谷、まさに山にこもるような場所なんですよ)

破格に安い練習室と渓谷の絶景は、田舎に住んでいる特権ですね。

出かける前に、お亡くなりになられた奥様を偲んで、フォーレのレクイエムでも聞きながら、朝の家事を終わらせるとしましょうか・・・・

フォーレ作曲のレクイエムは、私が大好きな歌曲で、
「いつか私が死んだらこの曲を流してね」と夫に頼んである
特別の曲なのです。

ブログランキング
(音楽=クラシック部門=)
今日は何位かな?

ブログランキング




tomojo at 07:45|PermalinkComments(2) クラシック | 声楽

2008年02月15日

お陰様で♪ブログランキング2位に♪

皆様毎日ミセスピアニストに遊びにいらして下さりありがとうございます!

おかげさまで、ライブドアブログランキング♪音楽(クラシック部門)で
2位になりました!(^^)V

こんなド素人のピアノ日記ですが、
皆様が毎日いらしてくださるお陰です。
感謝感謝の気持ちで一杯です。

人気ブログランキングは「ポチ」っと押していただくことでランキングの順位が出ているようですが、ライブドアは、ポチットは関係ないんですね。
沢山の方がアクセスしてくださったお陰で〜す。

私は友達から「歩く好奇心」と言われたこともあるとおり
多趣味でして、本当はもっともっと書きたい事が盛りだくさん。
今はオヤスミしているクラシックバレエ、声楽、
毎月我が家で開催している料理教室、
それから美容と健康
ダイエットの話題、
子育て、教育などなど、
全部の事を書き出したらきりがないので、
このブログは、マニアックに、クラシック(特にピアノ)中心の話題に絞って
日々綴っておりますが、
これからも、クラシックの音楽講座やコンサート、コンクールに出向いた時の感想や
ピアノの会、オフ会、レッスン、等など、音楽に関して日々感じたことを
綴っていきたいと思いますので、またよろしくお願いしますね。

ライブドアランキングはこちら

ライブドア ブログランキング 音楽(クラシック部門)
人気ブログランキングはこちら

人気ブログランキング


tomojo at 20:00|PermalinkComments(2) クラシック | ピアノ

ちょぴんサンのエチュード ムズイ

今日の朝練
ショパンのエチュード3曲

25−11木枯らし
81小節目〜82小節目
たったの2小節なのに、
右手の音符48個
左手の音符20個
アタシは馬鹿か!ってぐらい間違える。
ゆっくりやっても間違える
超ゆっくりやって、やっと指がすっと行くようになって
また少しだけ早くすると またはずす
ゲームだと思うと、面白くて
たったの2小節でもずーーーっとやってられるんだけど
これはゲームじゃないんだった。

私がオバサンだから反応が鈍いのか
それとも、技術が足りてないから即反応できないのか
多分そのどちらもだと思うけど
おそらく、一番の原因は、
楽譜を見ながら弾くのが苦手だということではないかと思われます。

音は頭に入っているので、一応楽譜を見なくても、わかるのですが、
鍵盤を見てしまうと、わかってても「えっとーーー」と考えてしまう。

次に楽譜を見ながら弾くと、ブラインドタッチが身についていないので、音をはずすけれど、音符を見たときに即座に反応できます。

譜面を見ながら弾いたほうが格段に上手く行きます。

譜面を見て、即座に反応する。
この訓練なんですね、きっと。

鍵盤を見て弾くと限界があると
先日のレッスンで先生から言われたばかりでしたが
この曲でしみじみ痛感。

たった2小節でこんなに苦労してるし
他にも苦手な箇所はまだまだあるし
96小節の中には課題が山盛り。

こんなに苦労しても、たったの3分半で終わってしまう曲なんて
うーーーん、短距離走みたいだ。

地道に頑張るしかないのですね。

10−1
だいぶ楽になってきた!
テンポアップ

25−1エオリアンハープ
少しサボったら退化した
ヤバイ。
真剣にやらないと。
次回は暗譜と言われてたっけ
音は頭に入っているんだけど
強弱や記号が全然入ってないや
楽譜を良く見ましょう!

tomojo at 09:41|PermalinkComments(4) ピアノ | ショパン

2008年02月14日

ラフマニノフファンに朗報!必見!

先日、私が所属するピアノサークル「われもこう」にHPができました〜
ぜひ皆さんもご覧ください・・と
ブログにてご案内させて頂きましたので、
サークルメンバーでない方も、時折のぞいていらっしゃる方もおられるかもしれませんが、今日サークルのHPを見に行ったら朗報が!!!

ラフマニノフファン必見です!

ラフマニノフの映画がゴールデンウィークに公開されるそうです
予告編かっこいいです!→こちら

そして、さらにラフマニノフ好きの方は
われもこうのHPもご覧になってみてくださいね!
このブログのリンクの欄にもありますが

ピアノサークルわれもこうのHPは
waremoko


ブログランキング
(音楽=クラシック部門=)
今日は何位かな?

ブログランキング





tomojo at 21:11|PermalinkComments(10) クラシック | ラフマニノフ2番

感心する演奏じゃなくて感動する演奏・・・♪

今朝、私の携帯が鳴り、表示された名前は、昨日と一昨日のブログにも度々登場している、前出の室内楽のk先生。
そう、私のいとこであります。

お互いにもう50近いオジサンおばさんになったというのに、
小さい頃からの呼び名で呼ぶものだから、
私はKちゃんと呼び、K先生は、ともちゃんと呼ぶ。
笑ってしまうけど、今更違う呼び方も出来ないもんで・・・笑

電話の用件は、まあ野暮用で、音楽に関係ないわけだけど
暫く世間話をして、そのあと、結局音楽の話になるわけで、
ズブの素人のアタシとしましては、
アホみたいな質問したり、
素朴な疑問を投げかけたり
プロの音楽家にフツーそういう事聞かないだろう・・
って事まで聞いてしまったり
しちゃうわけだけど、
彼のお話には、またまた
ヒントがいーーーっぱい。
なるほどーーーと思うことだらけでした。

そこでK先生、また名言を吐きました。
ホホーーなるほど、と思いました。

「感心するする演奏じゃなくて、感動する演奏!!」
ねっ ねっ
また深いんですこの言葉が。

続きを読む

tomojo at 10:43|PermalinkComments(11) クラシック | ピアノ

2008年02月13日

「練習とは」→よい習慣を身につけること!

今日のタイトル、
昨日のレッスン聴講から学んだことなのですが

練習って何だと思いますか?
という先生の問いかけに

「練習・・・・」????

敢えて問われると、答え難いです。
だって、練習は練習でしょ?・・・他にどう表現しようがあるのかしら?

先生の答えはズバリ!
「練習とは、よい習慣を身につけること」
これ深いです。

悪い習慣は、練習ではないのです。

練習を積み重ねて行って目的の曲が弾けるようになるのですから、
ゼロを1にして、2にして、3にして・・と積み重ねていかないと意味がない。

でも、悪い週間が身につくとどうなるのでしょうか!
続きを読む

tomojo at 10:08|PermalinkComments(22) クラシック | ピアノ

ライブドアブログランキングでなんと3位に???

ある方が「ミセスピアニスト」のブログが、
ランキングで3位になってますよ〜〜〜
ってメールを下さり、驚きです。
人気ブログランキングには登録していましたが
ライブドアにもランキングがあったこと、全く気にかけていなかったので、
ビックリ!沢山の方のアクセスありがとうございます。
ライブドアランキングはこちら

ライブドア ブログランキング 音楽(クラシック部門)

tomojo at 00:58|PermalinkComments(4) クラシック | ピアノ

2008年02月12日

燈台下暗し・・・・・ここにも魔法使いの先生が!

今日は、ご縁があって、室内楽のレッスンを聴講させて頂くチャンス到来。

目から鱗、驚きと発見の連続。
k先生の注文は、妥協を許さず厳しいけれど
笑いが絶えない楽しいレッスン。
そして、矢継ぎ早に飛び出す先生の言葉は、
どれもこれも、納得納得
すべて王道なことばかり。

生徒であるSさんの音色がどんどん変わっていく。
あっという間に、気がつけば二時間が過ぎていた。
二時間でここまでSさんの潜在能力を引き出してしまうなんて、
さすがだなーーーー。
しかも、レッスン中、先生は一度も自分の音をださず、
アドバイスするだけ。
ただ聞いて、一小節弾いただけでも、全部見抜いているかのよう。

そして
「僕の仕事は演奏者の潜在意識を引き出すことだから・・」と言いきってしまうあたり、
かっこいい〜〜のだ。

先日のH氏先生のレッスン同様、今日のK先生も魔法使いみたいに見えた。
あっという間に魔法にかけて、あっという間に、音色を変えてしまう。

H氏先生の時も感じたけれど、やはり若いころ海外で研鑽してきて、「世界」を知っている人っていうのは、
スケール感が違うし、視点も違うんだなと思った。

素晴らしいレッスンに立ち会えたこと
とても貴重な体験でした。

続きを読む

tomojo at 21:00|PermalinkComments(6) クラシック | レッスン

東京音楽コンクール 優勝者コンサート

今日は「東京音楽コンクール 優勝者コンサート」に行ってきました。

今朝起きたら親戚のKさんよりメールがあり

「突然ですが、今日の招待券ありますよ・・・」に
「行きます」と即答

私は、突然でも都合のつく限り「行く行く〜〜〜」のノリなので
Kさんは、当日急に誰も行く人がいないと、私にメールをくれるのです。

以前も、当日、吉田都さんのバレエ「ライモンダ」のチケット買ってて急にいけなくなった人がいるんだけど・・・・とメールが来て
「それ買います!」と即返信、
しかも開演時間まであまり時間がなかったにもかかわらず、
オペラシティーまですっとんで行ったら、
なんと天皇皇后両陛下がいらっしゃるということで、
「ともちゃんは本当に、ラッキーだね、いつも」と
言われているのです。

さて今日もメールをもらってからあまり時間がなかったので、
即効で支度をして、若き音楽家の晴れの舞台を見に
上野文化会館へ

バイオリンの成田達輝クンは超イケメンで15歳
シベリウスのコンチェルト ニ短調 Op.47

クラリネットの吉田誠クンは20才でなんと、クラリネット歴わずか5年にして
現在フランスの国立音楽院に在学中
ウエーバーのコンチェルト第二番 変ホ長調 Op.74 J.118

ピアノの山田剛史クンはケルン音楽大学大学院に在学中
バルトークのコンチェルト 第3番 Sz.119

みんな男の子なんだよね・・・
これから、世界に羽ばたくよう頑張って欲しい。
そして、
女の子たちも来年は頑張ってください

しかしどれも、初めて聴いた曲ばかり。
バイオリンの子はファイナルではプロコのコンチェルト弾いたって言ってたし
ピアノの子はファイナルでベートーベンの4番のコンチェルト弾いたって言ってたけど、
優勝者記念コンサートにはまた違う演目を練習してくるんだから、すごいもんだ。

でも、彼らにしてみたら、オケと演奏できるなんてなかなかない機会だから、
好きな曲を演奏してみたかったみたいですね。

コンサート終了後、フレンチを食べて帰ってきた。
美味しかったよ〜〜〜〜(^^)V

私は普段玄米菜食主義で、お肉を控えることが多いのですが、
(外食ではなかなかそういうわけにもいかず、しゃぶしゃぶ食べ放題・・
なんて時はしっかり食べちゃいますが・・・)
選択の余地があるときは、あまりお肉は選びません。
(ダイエットにもなるし)
今日は前菜も、メインディッシュもお魚を選びました。

和食党で最近あまり洋食を食べていなかったけど
たまにはいいですね。


tomojo at 01:06|PermalinkComments(11) クラシック | コンクール

2008年02月10日

先生は魔法使いだ〜〜!感動的なレッスン♪

今日はH氏先生の二度目のレッスン。

レッスンていただく曲じゃないのに、ここのところ、ずーーっと木枯らしのエチュードばかり練習していたもんだから、10−125−1、もっとちゃんとやっておけばよかった・・・
と後悔しつつ、出かけるぎりぎりまで、この二曲をゆっくり丁寧にさらう。

レッスンはまたまた前回に引き続き、感動・驚き・の連続
前回はすっかり先生の魔法にかけられて帰って来ましたが、
2週間経って、そろそろ魔法が切れかけてきた頃、
今日はまた強烈に魔法をかけて頂いちゃいました。
続きを読む

tomojo at 23:04|PermalinkComments(8) レッスン | ピアノ

人間変われば変わるものですね

私子供の時大嫌いだったもの
♪ピアノのお稽古
♪読書
♪食べること

今の私が大好きなもの
♪ピアノのお稽古
♪読書
♪食べること

これって笑ってしまいますよね!
180度変わるんですね

他にもありますよ
昔は、ものすごいテレビっ子で、ドラマや歌番組ばかり見ていたし、ニュース番組はまったく興味なし、ロックばかり聴いていて、クラシックの知識はゼロ。

今は、あまりテレビは見ないし、ドラマも興味のあるものはたまに見るけど、普段はニュースぐらいしか見ない。
ロックも今はあえて聞く事はなくなり、クラシックばかり。

他にもありました
好きな男性のタイプ・・・

若い頃→アウトドア派で色黒、健康的なスポーツマン(さわやか系)
今→インドア派で色白、不健康そうなアーティスト(オタク系)

46年も生きていれば、まあ、当然趣味思考も変わるんでしょうけど、
こうまで180度変わるんですね。

皆さんの中にも「子供の頃はピアノのお稽古好きじゃやなったけど、今は好き」って方多いと思いますが、私のお稽古キライもハンパじゃなかったです。

子供の頃はピアノが楽しいなんて思ったことなくて、苦痛以外の何物でもない。

今思うに、何で楽しくなかったかというと、
強制的にストイックにやらされすぎていたからかな?
なんて思いますけど、母も先生も必死だったんでしょうね。

4年生でピアノは辞めてしまいましたが、その頃までは毎日1〜2時間は練習していました。
(させられていました)

だから息子にはピアノが嫌いにならないようにと、
日々の練習は一切強制しませんでした
だから息子は今だにピアノは下手なんですけどね・・・。
でも嫌いではありません。
ピアノは楽しいと言っています。
→今後ますます好きになってくれることを期待

続きを読む

tomojo at 09:43|PermalinkComments(10)

2008年02月09日

実家でピアノが弾けない、たまにはそれもいっか

今日は、夫の実家の母から今日は来客があるのでお料理やおもてなし接待を手伝って欲しいとのこと。
昨年亡くなった義父の、元部下の方がお線香あげにいらっしゃるという事なのです。

お食事を出しお酒も入り、義父の思い出話など、皆さん和やかな雰囲気。
歓談は義母に任せ、私はキッチンの片付け等で席を外し、今度はティータイムの準備にとりかかる。
ダイニングに一人ホッと一息ついて、チラホラ降りだした外の雪景色を眺める。

あ〜こんな、ちょっと一息…なんて時間は久しぶりに感じた。
ここの所、仕事や雑用等忙しくしていたのに加えて、レッスンにも定期的に通う事になったので、どうやってピアノの練習時間を確保しようかと、寸暇を惜しんではピアノに向かっていた。
家族がいるときは家族のコミュニケーションも大事なので
あまりピアノ漬けにならないよう心がけており、
夫がウォーキングに行った隙や夫が自分の部屋でパソコンに向かっている隙など、「今、私がピアノを弾きたい気分かそうでないか」に全く関係なく、
隙間の時間が10分でも出来れば、エチュード一曲弾けるな…
などとピアノに向かってしまう。
いわゆる、貧乏性なんです。

ぼーっとしているといけないような罪悪感に刈られてしまう(笑)。

でも、今夫の実家で、つかの間のぼーっとした時間と向き合った時、こういう時間もアリだなって思った。

夫の実家から我が家のマンションにピアノを持って来てしまったので、
夫の実家ではピアノを弾く事もないけど、
たまには「寸暇を惜しんでピアノを弾く」という
あくせくした日常を忘れるのも悪くないな。

とはいえ、明日はH氏先生のレッスン。

来客を見送り、今日は実家で夕食を取るので、一段落したらまた食事の支度もあるし、帰宅は夜遅くなってしまう。

帰ったら結局明日のレッスンが気になり、
結局はまた夜中に弾いてしまうんだろうけど(笑)


tomojo at 15:33|PermalinkComments(4)

2008年02月08日

エチュードはゲーム感覚

今朝の朝練の記事を書こうと思ったら、
ヘッドフォンのコードが外れていた話題に終始してしまった、
今朝ほどのブログ。

仕事中にチョコチョコっと書いたので、朝練の内容まで書けずに
ヘッドフォン話で終わってしまった。

さて、朝練バナシの続き。

今朝は「木枯らしのエチュード」のみ

30分程度の練習時間だと、
何を優先するか悩む。
あさってのレッスン課題である
10−1
エオリアンハープを優先すべきなんだろうけど、

やはり一番気になっているのが木枯らし・・・
(間に合うかなーーー)

何とか間に合いそう・・・・と目処が立つまでは
やはり木枯らしを少しでも、一歩でも前に進めたい。
(強引に間に合わせなくてはいけないんだけど・・
プログラムに曲名印刷されてるし。笑)

エチュードを弾いていていつも思うのは、
まるでゲームだと思う。

続きを読む

tomojo at 20:43|PermalinkComments(4) クラシック | ピアノ

深夜にピアノ爆音??!!

今朝、朝練をしていたときの事。

ヘッドフォンをつけて弾いていて・・・・
ペダルの位置がずれたので
(我が家のデジタルピアノのペダルは、コードで繋がれているだけの簡易ペダル、家庭科室のミシンの足踏みみたいなペダルなので、時々、ズリズリと場所が移動してしまうのです)ペダルの足元を見たら

あれ?

何?このコード・・

あっ!

ヘッドフォンのコードがタラリンと下がってて

えーーーヘッドフォンのコード、ピアノに刺さっていなかった??

ギョエーー

ヘッドフォンつけてるくせに、
音を外に出して弾いてましたよ。

わーーやばい。
これって夕べも???

昨日深夜1時過ぎにショパンのエチュード練習してから寝たんですけど
大丈夫だったかなーー。

そこまで大音量にはしていなかったつもりなんだけど。。
多分、オーディオの音ぐらいかな?
でも、深夜は皆寝静まってるから響くかしらね?

あーー苦情がきませんように。

以前もヤッチマッタ事があるのに
アタシってなんて
学習能力のないやつ。

tomojo at 10:14|PermalinkComments(8) クラシック | ピアノ

練習はモグラ叩き!?

最近のピアノの練習・・・・
モグラ叩きみたいなんです

一個できるようになると、また出来てないところ発見して・・・って

そういう意味かと思われがちですが、
まあ、そういうことじゃなくて
(それも、当然あるかもしれないけど)


発表会に向けて
「木枯らし木枯らし〜〜〜」とそればかり夢中になってやっていると


お〜〜〜〜〜
いけない、明々後日レッスンだったっけ!!
エチュード、10−1、25−1もやらなくちゃ。
前回言われたところ、ちゃんと直しておかないとね・・・
と弾いていると、今度は


あーーー最近、ゴールドベルグやってないよ。
ベルガマスクも・。。。。
もうすぐ、丸もらえそうだからレッスンに行かなくちゃいけないのに
あーでも、今週は、手一杯かな?
でも、日数が経つと、また忘れて、丸頂く事からまた遠ざかっちゃうから、
来週にもレッスンに行かないと・・・・と思ったかと思うと、今度は・・・


キャー3月に、アンサンブルがあったっけ
モーツアルト、コンチェルト23番、まだ覚えてるかな?
折をみて、リハビリしないと・・・でも、とりあえず、目先の木枯らしの目処が立ってからでいっかーーーなんて思っていると


オットットーーー歌だ、歌だ
4月の発表会歌うんだっけ、ヘンデル。
レスタティーボ忘れちゃったかな。
明日、イタリア歌曲のCD聴いて、復習しなくちゃ。

なーーーんてね・・・・
アッチコッチ、
もぐらたたきのように

忙しくてね。

でも、モグラを1匹だけにする事も自分で決められることなのに
何匹も何匹もあっちこっちに追われてる状況を作ってしまったのも、
何を隠そう、このあたし。
自分でまいた種だから

ちゃんと、刈り取らないとね。

よーーーし、
叩け
叩けーーー
どんどん叩けーーーーーー

と、
木枯らしが気になりつつも、
やはり明々後日のレッスン重視かな?
ショパンエチュード
10−1
25−1
これから練習してから寝ようっと。

tomojo at 01:18|PermalinkComments(4) クラシック | ピアノ

2008年02月06日

発表会のプログラムが届きました!

二年に一度、四月は声楽の先生の発表会に親子で参加しています。

息子が年中さんからお世話になっている声楽の先生の発表会に親子で出るようになって、かれこれ10年。
今度の4月で6回の参加ですが、今日先生からプログラムが届きました。
私も一昨年から声楽を習い始めたので、今年は声楽でも出る羽目に。

まだ私がピアノを再開する前、息子が小さかった頃は連弾や息子の歌で参加していました。

(過去の発表会で弾いた曲)
息子年長の時:息子が童謡を歌いました「確か中田喜直の歌だったかな〜」
息子2年生の時:宇宙戦艦ヤマト親子連弾(楽譜なし:ともみアレンジ・笑)  
息子4年生の時:白鳥の湖より、4羽の白鳥連弾  
息子6年生の時:シューベルト軍隊行進曲連弾、
      息子のリコーダー&私の伴奏 森山直太郎「さくら」
      私は幻想即興曲(ピアノ再開して1年目でした)
息子中2の時 :息子はもうお母さんと連弾は嫌だと言い出し
      ソロでノクターン遺作
      私はバラード1番


そして今年のプログラムが早々と届いたのですが・・・・・

そこにはしっかりと書かれていましたよ

続きを読む

tomojo at 17:32|PermalinkComments(10) ピアノ | 演奏会

今更・・・ですが♪楽譜が読めるように勉強中!

昨日は、楽譜を見ながら弾けない私が、楽譜を見ながら弾けるように、
見ながら弾く練習をします・・・という話をしました。

楽譜を見ながら弾けない理由として、
]郡磴世ら
鍵盤を見て弾かないとはずすから
 
ということでしたが
この2つの問題点は、解決

]郡磴世ら
→中距離用老眼鏡を先日購入し、すこぶる調子がいい

鍵盤を見てないとはずすから、ついつい鍵盤を見てしまう
→いつまでも、このままでいるとのは良くないので、
ブラインドタッチで鍵盤の感覚を身につけるためにも、
楽譜を見ながら弾く訓練をする

ということになりました。
が・・・・

もう一つ楽譜を見ながら弾くのが苦手な理由がありました。

私、そもそも「楽譜を読むのが超苦手」なんです。

ショパンのバラード1番や、ベートーベンの熱情を弾いているくせに
今更、「楽譜が読めない」とはお恥ずかしい話なのですが、
音符が五線紙からちょっと外れると、もうわからなくなって、
いちいち数えてしまうと言う始末。

だから初見が超苦手です。

毎回数えるのが面倒なので、五線紙からかけ離れた音は、ドシラソファミ。。と数えて
カタカナで「ラ」などと楽譜に書いてしまったりします。

一度書けば、確かに次回は間違えなくなりますが、
これはただカタカナを読んでいるだけであって、
音符が読めるようになったわけではない。
これを続けているうちはいつまでも、音符が咄嗟に読めないままなわけです。

音符を咄嗟に読めないから、初見が苦手。

つまり咄嗟に音符を読める訓練をすれば、初見も楽になるわけですよね。

そこで
今更なんですけど
はじめました
「音符を覚える」学習

これをやらなくては・・・と
痛感したのは、前回のレッスンの時でした。

続きを読む

tomojo at 08:15|PermalinkComments(11) クラシック | ピアノ

2008年02月05日

ショパンの「木枯らし」を練習したことによって発見したこと!!

週末はなんだかんだと忙しくて、思うようにピアノの練習時間が取れませんでした。
あの、雪の日曜日も、早朝から仕事だったので、朝練も出来ず、帰宅も遅かったのでクタクタで、バタンキュー。

昨日の朝練では、すっかり弾けなくなっていたので、
弾きこんだ曲なら、まだいいですけど、譜読み中、練習中の曲は、ホントに、1日休んだだけで戻ってしまってダメですねーーーー。

それまでの苦労は一体なんだったんだ・・っていうぐらい、弾けなくなってましたよ。

気を取り直して、夕べ、深夜、練習に取り組みましたよ。
おかげで、今日は寝不足です。

エチュード、今週末H氏先生の二度目のレッスンなんです。

2週間ってあっという間ですね。
今までの先生は不定期で、行きたい時にだけレッスンに行っていたので、
コンスタントにレッスンに通うって事が、なんだか新鮮だわーーー。

このペースで練習していくと、
間に合わないな。

先週とあまり変わり映えしてない・・・っていうんじゃ、
先生に失礼だしね。

練習経過なんですけど・・・・

エチュード10−1
→だいぶ、脱力が出来るようになってきたのか、メトロノーム120で弾いてみたら、かなり楽になっていた。
以前は、120なんてもういっぱいいっぱいで、弾き終わった後は腕が疲れていたけれど、
そんなに疲れないし、弾いている時の「必死!!感」が減少したような気がします。
110だとかなり正確に弾けるようになってきたものの、120では音はずしが目立ちます。まだまだ修行が足りん。
先生から教えていただいた新しい指使いは、定着しつつある。

エオリアンハープ
→いまいち練習に身が入らないんだけど、とりあえず、すっかり忘れていた音は思い出してきて、楽譜を見ながら弾けるようになってきた(今までは、譜面があっても、どこを弾いているかわからなくなってしまい、暗譜でないと対応できなかった代表曲)
もう少し手首をやわらかくしないと・・・・・

木枯らし
→今の時点では、タイムを計る意味はあまりないような気もするけど、本当に速く弾けるようになる日が来るんだろうか・・・進歩してるんだろうか・・・こんなことばかり考えて、ついつい演奏タイムを計測してしまう。
左手5分、右手、7分。
両手合わせて、最速タイムで8分。
ただし、これは、音ハズシひどいし、メチャクチャだし、ただ、タイムだけを気にしてるような演奏で、全然ダメ。
丁寧にゆっくり弾いて、13分。
ゆっくり丁寧にさらっていると、前回できてなかった箇所が今回は出来て、今回出来なかった箇所が、次回はクリアできて・・・と、一歩ずつではあるけど、ミスが確実に減ってくるのが実感。

わけがわからないなーーーーと思っていた右手も、だんだん規則性が指になじんできた感じ。

木枯らしを練習してみて気付いたことがあります。
それは、
何故今まで、楽譜を見ながら弾けなかったか・・・・

何故暗譜でないと弾けなかったか・・・・ということが、

ひょっとしてこういう理由かしら?というのがわかってきました。続きを読む

tomojo at 11:59|PermalinkComments(12) ピアノ | ショパン

2008年02月04日

バヨリン習いたい病

バヨリン習いたいよ〜〜病が勃発して、かれこれ結構長いんですけど、
最近、それがかなり重症に・・・・・

先日は、チャイコのバヨリン協奏曲の、スコア買ってしまったし・・・
CD聴きながら、眺めているのが超楽しい。

土曜日は、S姫と、バヨリンコンサートに行ってきたんですが、
教会でのコンサートは、雰囲気もばっちりで、
ますます、バヨリン弾きたい病がひどくなってきてしまいました。

先日も山野楽器に行ってバヨリンコーナーをしげしげと眺め、
見つけちゃいましたよ・・・・
29800円のサイレントバイオリンを。

ドイツ製の60万とかいういのも売ってたけど、
グランドピアノだって買えないでいるのに、バヨリンにそこまでは出せない。

YAMAHAの国産だって、安くても10万近くはするし、
アップライトのピアノを持っていてもほとんど音出しができないこの私が、
バヨリン買ったところでどうせ、音出しはできないし。

サイレントバイオリンは、かなり心惹かれました。

とりあえず、夫の妹の旦那さんがバヨリン持っているので
今度実家に来る時に、持ってきてもらうこと、交渉中。

でも、バイオリンに浮気している場合ではないんですよね。

木枯らし、どうするんじゃい。

今朝の朝連はコーダの練習をしたけど、
本当に2ケ月後に弾けるんだろうか・・・

でも、ピアノ再開した1年目に、譜読み開始後、3か月でバラード1番を人前でズーズーしく演奏しちゃった事を考えると、
あれよりは、マシかも・・・とか思ったりもして・・・
バラードは14ページだけど、木枯らしは8ページしかないし。

でも、難しさの種類がチト違いますけど。

木枯らし木枯らし・・・と念じながらも、
バヨリンが頭をよぎってしょうがない最近の私です。

バカダネーー。
ほんと。



tomojo at 17:26|PermalinkComments(11) クラシック | バイオリン

2008年02月02日

縁は不思議なもの・・・一期一会

今日は気分が乗っているので、もう一発記事を書きたいと思います!
(お笑いタレント’だいたひかる’のように もう一曲歌います・・・ではありませんが・・)

私を取り巻く環境の中で、最近あまりにも偶然の出会いが多く、
偶然ではなく、これは必然!
出会うべくして出会ったのだ!
と思わずにいられないことばかりです。

不思議な出会いその
昨日もAさんのブログを読んでいたら、出身校の名前にふと目が止まり、
あら? これって?もしかして?
アタシのいとこのKenちゃんもこの学校だったような・・・・・
しかも、AさんといとこのKenちゃんは同じ年。

すぐにメールしましたら
ビンゴ〜〜〜!!

ビックリデス。
Aさんと、いとこのKenちゃんは同じクラスにもなった事があったのです。
ヒョエーーー。

他にもまだまだあります。

続きを読む

tomojo at 12:09|PermalinkComments(13) クラシック | ピアノ

食べて♪弾いて♪観て♪聴いて♪!大満足!

昨日は楽しかった!

たーーーくさん美味しいもの食べて

グランドピアノ弾いて

そのあとピアノのDVD観て

そのあとピアノのCD聴いて・・・

なんともアカデミックで
シアワセな空間

そのあとも食べる予定だったけど
私は息子と夕飯があったので
残念ながらお先に失礼することに

スカルラッティを生で初めて聴いたので
新鮮でした。
弾いてみたくなっちゃった。

皆さんとってもお上手なので
聴いているだけでも
あーーシアワセ・・・
って夢の世界に連れて行って頂けました(^^)V

初めて聴いた曲もたくさんあったし、
皆さんが弾いた曲は曲私が弾いたことない曲ばかり。

また憧れの曲が増えました!

音楽は不思議な力を持っていますね。
人間には色々な欲求があって
食欲、物欲、性欲、etc...
最近私が欲しているものは、
「音欲?」

もっと狭めて言うと「クラシックの音欲」
もっと狭めると「弦の音欲」っていうのかな?
弦っていうのは、弦楽器のみならず、ピアノも含めて
チェンバロとか、鍵盤楽器にも弦はついているわけで

弦の音に対する欲求が止め処もなく沸いてきてしまって

何十時間弾いてても
聴いてても
触れてても

飽きない。

家事と仕事もしなければならないのに
困ったものです。



tomojo at 10:28|PermalinkComments(6) クラシック | ピアノ

2008年01月31日

ピアノを弾く為の専用「メガネ」を作りました!

ショパンの木枯らしを、朝練でやったんだけど、
これってひたすら弾きつづければ音覚えられるのかな???

他の曲は、弾いているうちにだんだん自然に暗譜してくる私も、
この曲ばかりは、「いったい暗譜できるんだろうか」と思いながら
楽譜とにらめっこしながら弾いています。
不規則に並んでいるような音なんだけど、割と規則的。
でも、規則的と言っても実に覚えにくい配列で音が並んでる。

あ・・・・そうそう!!

楽譜見ながら弾くのが苦手な要因の一つに「老眼だから」というのがあったのですが、
いつまでも「見ながら弾けないの〜〜」とも言っていられないし、
ついに「ピアノ専用の眼鏡」を作りました(^^)V

今まで老眼鏡をかけて楽譜を見ていたのですが、楽譜見たり、鍵盤見たり
視線の移動をするたびに、ピントがすぐに合わなくて、頭が痛くなってたんです。
つまり近距離用・・・って事だったんですね。

今回、「ピアノ用」に作った眼鏡は「中距離用」にピントを合わせて作っていただいたので、楽譜見たり、鍵盤見たり、しても、全然OK
若い頃の健康な視力に戻ったみたいです(笑)

さて
ショパンのエチュード「木枯らし」の練習の話の続きですが
片手ずつ練習をして両方合わせてみたら、
大分感じがつかめてきました。

左手 5分
右手 6分
両手 10分

にタイムが縮まりました。
左手は1分しか縮まってないけど、
両手合わせて5分で弾ければ自分なりに上出来だと思っているので、
左手はまあこんなもんかな。

やはり、キーになるのは右手練習なのかな。

陸上競技じゃない・・・・っつうのに、
ついつい、どのぐらいで弾けるようになったかな?
と計測してしまう。

今の段階ではあまり関係ないんだけどね。

両手合わせて15分かかろうが、やっぱり
ゆっくり練習が重要なんだろうなと感じます。

「木枯らし」って寒いイメージだから、
今の季節はいいんだけど、
弾けるようになる頃には
桜が咲いてしまうなーーー。

今晩は夫が出張でいないので
今からバッチリ練習できるかな?

でも息子が明日レッスンだから、
トルコ行進曲を練習させないとなー
4月の発表会で弾くので、
さすがに、いつもどおり先生宅ぶっつけ本番っていうのもねーーー。

発表会の練習も
そろそろエンジンかけさせないと。

その息子は今日発売のプレステソフト「涼宮ハルヒの戸惑い」に夢中になっちゃってるよ・・・
まったく、このアキバヲタクが(笑)





tomojo at 20:41|PermalinkComments(14) ピアノ | ショパン