2005年06月

2005年06月30日

ピアノの練習時間と集中力

こうも毎日ピアノを弾く時間が確保できないと、
いかに一分でも一秒でもピアノを弾く時間が大切か痛感する。

でも、全く練習時間が確保出来ないのかというと、そうでもない。
練習時間を確保しようと思えばできるのだが、
正確に言うと、
「集中して練習できる時間」
「本人が気持ち的にピアノの気分になる時間」
の確保が私にとっては重要なのだがその時間がなかなか取れないのだ。

ダラダラと3時間弾くよりも、集中して効率良く1時間練習したいものだ。

でも、1時間しかないとわかっていつつも、どうも集中できない時もある。
気が散って気が散って、あれよあれよというまにもう30分過ぎていたりする。

また、集中している時に限って邪魔が多いときもある。

今日は、仕事は午後からにしたので、午前中はピアノを少し弾いた。

とっても乗っていた!(^^)V

ところが!!
乗ってきたときに限って、インターホンが鳴りっぱなし。
宅急便、新聞屋、保険のセールス、
何故今日に限って・・・・
月末だから、どのギョウカイの人も追い込みなのかも知れないなーー

おまけに電話も相次いで鳴りっぱなし(笑)
一通り雑用が終わった頃には、もう気が散ってしまい
なかなか集中モードになれなくなってしまった。
ただ弾いてるだけ、ただ指が音を追ってるだけ、そんな感じ。

気分転換にウォーキングに出かけた。
道端に咲いているあじさいがとっても美しかった!

仕事から帰り、夕食後、もう一度ピアノに向かった。
今度も、なかなか乗っていた。
バラードのゆっくり練習をして、細かいミスを無くすようにしたり、
粒が揃っていないところを均一にするようにしたり、いい調子で集中していた。

すると、また、おきまりの、お邪魔ムシが!!(笑)

例の男共二人が、代わる代わるに話し掛けて来るではないか!

テレビが流れていたりすると、ヘッドフォンをつけていてもどうも集中できないので、結局辞めてしまった!

皆が寝て、ピアノのゴールデンタイムになる頃には、私もすっかり睡魔に襲われて
集中できなくなってしまうのだろうなーー

なかなか上手くいかないものだ!

でも、13歳の我が息子、やがて「うるせークソババ〜」なんて言うときが来るのかもしれないし、部屋にこもってしまって、親に学校の様子を話さなくなるときも来るのかもしれない。

それを思うと、私の勝手でピアノに集中したい為に息子を邪険にするのはやめようと思った。
今は、大切な時期、いっぱい話を聞いてあげなくては!

ピアノは息子が居ない時に頑張ればいいからね。

インターホンも電話も鳴らない、誰にも邪魔されないスタジオはやっぱり一番集中できるなーー!

そして何よりもレンタルスタジオはグランドピアノをバンバン大きな音で気兼ねなく弾けるもんね!!

23日の発表会までの間に、何日か仕事を休んでスタジオにこもることを決意した一日でした。



tomojo at 22:02|PermalinkComments(8)TrackBack(0) ピアノ 

2005年06月29日

ピアノに触れなかった

今日も、朝から晩まで、仕事に追われ、帰宅は8時過ぎ。

あーーあ、とうとうピアノに触れなかった日、二日目。

ヤバイなーーー!

帰宅後、仕事の残りを片付けていたら、夫がテレビをつけて、
「ピアノの番組をやっているよーー」と教えてくれた。

仕事の手を止めて、NHKの「趣味悠々」なんか見ちゃった。
ピアニストの斎藤雅広さんが出てた。

息子がまだ小さかった頃、NHKの教育テレビの子供向け音楽番組「トゥトゥトゥリー」という番組を毎週土曜日の朝、見ていたが、その番組に斎藤さんは「キーボーズ」という役で出ていた。

マツケンサンバのような派手な紋付、派手なハカマに、ピアニスターヒロシのような超ド派手なめがねをかけて、毎週、いろいろな曲を弾いてくれるのが楽しみだったっけ。
どんな曲でも素敵にアレンジして、弾いてくれたので、子供は喜んでいた。
久しぶりにキーボーズが見れて懐かしかった!

今日の「趣味悠々」ではマラソンランナーの谷川真理さんが、ピアノ初心者らしくて、
ジュピターをレッスンしてた。

YAMAHAだかKAWAIだか知らないけど、ピアノの銘柄のところに「趣味悠々」とデカデカと紙が貼られていたところが、NHKらしくて笑えた!

スーパーピアノレッスンだと、ピアノの銘柄そのまま出してたけどね〜。

それはそうと、
あーあ、今日は疲れちゃって深夜練習をする気力がないわーー

明日は、4時おきだし・・・・

昨日「イメージトレーニングをしよう」と折角思ったのに、今日は電車の中でどうしても読まなくてはいけない本があって、イメージトレーニングは出来なかったのよ。

明日は朝練するかな〜〜!





tomojo at 23:54|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2005年06月28日

イメージトレーニング

れ・・れんしゅうがぁ〜ピアノの練習が出来ないんです!!

月末で仕事が超ハード!

あーーYAMAHAの課題も出てるから、変奏パターンを二つ作っていかなくてはいけないし、YAMAHAの課題曲も、もう少し練習しなければいけないし、

発表会のバラ1は、まだまだボロボロのボロ1だし!

息子は明日から期末だというのに、普段、絶対に自宅では練習なんかしないピアノの前なんかに座っちゃってるし(怒!)
しかも今週のレッスン曲をさしおいて、ドラクエなんか夢中になって弾いてるし!
(おとなしく勉強机に向かっててくれれば母のイライラは一つ減るのになぁ)

と、まあゴタゴタ言っても始まりません。

こうなったら往復の電車の中でピアノの練習をするしかありません。

ピアノがないのにピアノの練習?????
電車の中で?????

そう!イメージトレーニングです。

YAMAHAの変奏バリエーションを二曲作っていくのは、電車の中でも出来そうなので、五線紙をバッグに入れてOK!

バラ1は音は暗譜できているものの、曲のつくり方、仕上げ方、細かい部分のチェック、イメージ作りは電車の中でできるので、それをやっておくだけでもピアノに向かったときの効率がいいのではなかろうか!
というわけで、明日からバッグの中には
・五線紙
・楽譜
・ヘッドフォンステレオ
・筆記用具

を常時携帯して往復3時間ピアノタイムに徹しま〜〜す。

ただね・・・座れないと・・・五線紙は無理よね(笑)

満員電車だと、楽譜も広げたら迷惑よね(笑)

挙句の果てに、以前ヘッドフォンに聴き入ってて、新宿で降りるの忘れたオバカな私です!


tomojo at 21:03|PermalinkComments(6)TrackBack(0) ピアノ 

2005年06月26日

いい音色・いい響き・ああ幸せ!!

昨日は、グランドピアノを上手く操れなくて落ち込んでいたわけだが、
今日の夕方からの練習会ではうって変わって、思っている以上の演奏が出来た。

練習会の前に猛練習したわけでもなんでもなく、ピアノが素晴らしかったのだ。
日中は家事に追われ全く練習できなかったもの・・・・・

今日使用したピアノはYAMAHAのS4、プロフェッショナル仕様だそうだが、
黒鍵は黒檀でツルツル滑らないし、芳醇でまろやかな音色。

低音はベーゼンドルファーのように重厚感ある音でボーーンとよく響くし、
高音はスタインウェイのようにキラキラしている。

鍵盤の戻りも早いので、今まで上手く行かなかったトリルが綺麗に出来る。
アクションが違うとこんなにも演奏しやすいのね。
昨日できなかったモーツアルトのピアノソナタのトリルがすべて上手くいった。

お部屋の広さとピアノの相性もいいのだろうけど、
チェルニーでさえこんな私が弾いても美しく聴こえる。

以前調律師さんが、いいピアノを買うと、練習時間が短くて済むんですよ〜〜
と言っていた事がなんとなく頷ける。

こんなピアノがおうちにあったら、何時間弾いても飽きないだろうなーーー。

昨日はすっかり自信をなくして元気がなくなっていた私だが、
ピアノ一つでここまで気分が変わるのだから、私もゲンキンなものだ!!

自分が弾いているとは思えないほど、いい音色に聴こえてシアワセなひと時だった。

tomojo at 22:51|PermalinkComments(6)TrackBack(0) ピアノ 

2005年06月25日

まだまだ修行が足りん!

今日はサークルの練習会だった。

皆さんお会いするたびに腕を上げられていて、どんどんお上手になっている。

私は・・・・というと・・・

イメージしてた通りに全然弾けなかった。

指が、手が、耳が、すべてデジピ仕様になっているので、
グランドピアノの前に座っただけで、
どうも面食らってしまう。

ピアニッシモが出せなくてガツーンと出てしまう。
かといってフォルテも今ひとつ鍵盤を深く弾けない

鍵盤のさわり心地も全然違うので、ピアノの音をただ鳴らしているだけにすぎず、
演奏・・というレベルには至らなかった。

単なる練習不足だったら練習量をふやせばいいだけだが、
自分なりに時間を見つけてはまあまあこの一ヶ月練習してきたつもりだし、
今後デジピで効果的な練習ってどんな事をやったらいいんだろうなーー。

練習方法も少し考えないとナ。
ちょっといろいろな曲に浮気しすぎたかもしれないなーー。
しばらくレッスンだけに的を絞って集中的に仕上げる方向で頑張ってみよう。

ピアノが上手くなりたい気持ちはあるのに、昼間練習できないとか、
デジピでしか練習できないとか、物理的に無理な事ばかりが目の前に立ちはだかると、さすがに超プラス志向の私でも暗くなってしまうなーー。

とはいえ、嘆いていても仕方がない。

なんとか方法を考えなくちゃナーーーー

結局グランドピアノに少し慣れてきた頃にお開きとなってしまった!

明日も夜ちょっとだけ練習会!

ヤマハのいいピアノらしいからちょっと楽しみ。

気を取り直して頑張ろう!

今日は、ユンディリのショパンコンクールの時のライブCDを借りたので、
これから家事でもしながら鑑賞タイムとしましょうか・・・・

そのあと家族が寝たらピアノ練習タイム取れるといいなーーー
夫よ息子よ早く寝てくだされ〜〜〜〜〜!!

tomojo at 20:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ピアノ 

2005年06月24日

またまた後退!

今日は朝早くから仕事だったので、朝練ができなかった。
夜帰ってから、夕食を片付けた後ピアノに向かったが、
夫がなにやら話し掛けてくるので落ち着いて練習できない。

私はヘッドフォンをしているので「夫が何か言ってるなーーー」と思いながらピアノを弾く手を止めヘッドフォンをはずし、用件を聞くとたいした用事ではなかったりするのだ。
またまた何か呼んでいるので、今度もたいした用事ではなかろうと無視して弾いていると今度は重要な仕事の用事だったりする。

全然集中できないので、夫が寝てから弾くことにして、一旦中断・・・・

やっと夫も息子も寝て静かになったのでピアノに専念できると思ったら、
今度は私が眠くなってしまい、思考能力が働かない。

またまた後退しているではないか、チェルニーもバッハも、とってもヘタクソになってるではないか!

どうも今日は指が思うように動かない、ミスタッチは多いし、指はもつれるし。

しまいには弾きながら寝てしまった(こんな事があるのだろうか!)
いつのまにか、意識がなくなっているのだが、何故か指だけはかろうじて動いていて、わけのわからないところを何度も繰り返していたり、どこを弾いているのかわからなくなってしまった。

あーーー今日は諦めて眠りましょう。

明日サークルの練習会があるのに、まともに弾ける曲がないなーー。

《今日の練習》
・チェルニー50番ー3番(弾いているうちに眠ってしまい訳がわからなくなる。おまけにミスタッチの連発。予期せぬところで音はずしまくり、あーーあ自己嫌悪)

・バッハシンフォニア 3番(今までできていたタイの音を弾いてしまったり、今まではずさなかった箇所の音をはずしたり、指先の神経が今日は変な感じ・・・)

バラードも、愛の夢も、じっくり練習時間が取れなかったのが悔やまれるけど、
こういう日もあるさ!



tomojo at 23:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ピアノ 

2005年06月23日

♪ラフマニノフに首ったけ♪

夫の海外出張も今日で終わり、今ごろ成田エクスプレスで帰宅途中でありましょう。
ピアノ三昧の5日間・・・・というほどではなかったが、夫の留守中は多少いつもよりピアノに向かうことが出来た。

夫の留守中に私はどうも恋をしてしまったみたいで・・・(笑)

恋の相手はラフマニノフ様!

ラフマニノフのピアノコンチエルト2番を聴きに行ってから今日で4日経つが、
あの感動さめやらず・・・・
あの日以来、私のハートはラフマのピアコン2番に首ったけになってしまった。

もともと一番大好きな曲ではあったし、あの曲は私の中で何度も何度もマイブームになった曲なのだが、またマイブーム再来といったところだろうか。

私は夜眠る時、ピアノのCDを聴きながら眠りに着く事が多いが、
バラード1番ばかり聴いていたときもあれば、
ソナタ3番ばかり聞いていたときもあれば、
その時々でマイブームがあるのだ!

今週は、寝るときどころかそれ以外の時間も何十回何百回となくラフマニノフのピアノコン2番を聞きたい衝動にかられてしまう。

電車の中でも、家事の最中も、仕事中もBGMで流してた。
タバコが切れた人の禁断症状のように
「う〜〜〜ラフマニノフーーーー!!」
ってコレ一体、私、ビョウキ??笑

バラード1番とソナタ3番は同じようなビョウキにかかったとき、いてもたってもいられなくなって即楽譜を買い、自分の実力省みず、コツコツと譜読みをはじめたものだが、
さすがにねーーーーー
ラフマニノフだもんねーーーー!
楽譜は今まで何度買おうと手にしたことか。

音符の数が半端じゃなかったのよね。
ラフマって本当に音が多いよねーーー
なんて思いながら立ち読みして、今にも買いそうな気持ちを抑えて
売り場の棚に戻すこと何度も・・・。

買ってしまうとついつい譜読みをはじめてしまいそうな自分がいるので、
そんな事に時間は割いていられないといつも買うのを我慢していたのよ。

ラフマニノフはさすがに弾けないけど、CD聴くときにやっぱり楽譜見てみたいよね。

来週、息子に頼まれていたミスチルのシングルCD発売日に山野楽器に取りに行くけど、丁度ポイント二倍の日だったっけ!

楽譜・・・・・♪

売ってたら買ってしまおうかな。

ラフマニノフばかり夢見てても仕方ないので、
心はラフマニノフだったけど
仕方なく自分の目の前に与えられた課題に取り組んだ本日でした。
《本日の練習》
・ハノン→第一部(1番〜20番まで)
・ツェルニー50番→3番
・バッハシンフォニア→3番(7番の譜読みは全くすすまず)
・バラード1番(ゆっくり練習、部分練習、片手づつ練習、コーダの念入り練習)



tomojo at 20:22|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 弾きたい曲 | ラフマニノフ2番

2005年06月22日

今日のレッスン

今日はYAMAHAグレード対策のレッスンでした。

先月までは2〜3ヶ月に一度のペースのレッスンで、一ヶ月に一度レッスンにいければマシなほうだったのですが、なんと!この一ヶ月で、
今までの先生に2回、
YAMAHAの先生に2回、
先日の公開レッスンを入れると
5回もレッスンを受けているではないですか!

どうりでいろいろな課題曲が忙しかったわけだ!

7月も、バロックオフ、サロコン、発表会と本番も立て続くので、
以前とうってかわって私のライフスタイルの中で「ピアノ」の占める割合が増えてきました。

春先まで仕事もセーブしていたのですが、春から息子が中学生になった事もあって、仕事もガンガン忙しくなってきているので、いつ眠ればいいのじゃーーー

老体に鞭打ってあくせくあくせくとした毎日を送っているわけであります。

今日のYAMAHAの先生のレッスンも楽しかった!

違う先生についてみるというのもいいものだ。
同じ事を教えるのにもその先生によってアプローチ方法が違うので、
「ホホーなるほどーー」と新しい発見の連続だ!

YAMAHAの課題曲や即興の練習曲には「ズン、チャッチャッチャッ!」っていう4拍子のリズムが出てくる。

ところがこの「ズン、チャッチャッチャ!」が実に私はヘタクソなのだ・・・・!!

一拍目の「ズン」にアクセントをつけて「チャッチャッチャッ」を軽く弾くと綺麗な4拍子になる事はピアノ弾きの人なら誰でもわかりそうな事なのだが、
どうも私は無意識のうちに4拍目にやや重心がかかっていたらしい。
「ズン、チャッチャッチャ〜〜ズン、チャッチャッチャ〜〜」と4拍目をやや伸ばし気味で重心をかけてしまうと、とても重くてやぼったーーーーい演奏になる。

今までそういう注意はされたことがなかったので「ははーーなるほど私はそういうクセがあるのね、気をつけなきゃ」と新鮮な発見だったが、何故今までそういう注意をされなかったのかしら?

そういえば一昨年末にピアノを復帰して以来、曲はリストやショパンなどばかりをやっていたので、「ズン、チャッチャッチャ!」なんていう4拍子の縦割りのリズムの曲は多分レッスンを受けたことがないかもしれない。

私がショパンばかりを御願いするので、先生が「古典やいろいろな曲も折りませでやりましょうねー」と言っていた事の意味がやっとわかった。

残りの人生を考えた時、仮に好きな曲ばかりレッスンしたとしても一生のうちに弾いてみたい曲全部は弾き終わらないような気がしたので、
好きな曲(ショパンの事なんだけどネ)ばかりをレッスンしてもらったほうがいいように思っていたのよ。

だけど、いろいろなタイプの曲、いろいろな時代の曲、いろいろな作曲家の曲に取り組んだほうが、それぞれ相乗効果もあって、上達の早道なのかもしれないなーー。

「YAMAHAの課題曲はイマイチ・・・おもしろくないかも」なんて渋々弾いていたが、高度な技術が盛り込まれていたり、上達の為のエッセンスも隠れていて、また今日も為になった一日だった!


たまたま私が選んだYAMAHAの5級の課題曲はエレクトーンの5級の課題曲にもなっていたので、先生が「ちなみにエレクトーンだとこんな感じ」と弾いてくれました。

足でベースも効かせていて音に厚みもあるので、ピアノとはまた一味違った雰囲気で、またこれがとっても素敵だったのよ〜〜。

ピアノだとインベンション風なので右手と左手のブレスの場所が違っていたりするので、それが苦労するところでもあり、また味のあるところでもあるのだが、
エレクトーンだと、楽譜にスラーもなんにもかかっていなくて、ブレスをするところもなければ、フレーズの指示がない。同じ曲だというのに、ピアノバージョンのようなバッハっぽい雰囲気は全くない。

ピアノやチェンバロのように途切れる音色だと、スラーをつけたりフレーズを考えなくてはいけないが、楽譜にスラーも何もフレーズがついていないということは、ピアノやチェンバロのような一音一音途切れる音色を使わずに、キーボードやシンセサイザーのように一音弾いたら音が伸びるような音色を使って弾く様にという暗黙の指示まで読み取らなければいけないそうだ。

ピアノのグレードはただ楽譜どおりに弾けばいいが、エレクトーンの場合音色まで曲の雰囲気に合うように、自分で作りあげていかなくてはいけないそうなので、とっても大変そうに感じた。

先生はエレクトーンプレイヤーがメインのお仕事で、エレクトーン講師の人たちを教えるような、エレクトーン界ではなかなかの腕前の人らしいが、ピアノはエレクトーンより後から習い始めたので、今でもピアノだけはずーっとレッスンを受けているらしい。

そうは言っても、ピアノ演奏グレードは3級まで持っているし、なかなかの腕前だ!
最近カプースチンに凝っているといっていたので、今度聴かせてもらおうーーっと!






tomojo at 19:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ピアノ 

2005年06月21日

ピアノの上達の仕方と筋肉のでき方の関係

ピアノの上達の仕方って、必ずしも練習量に比例して上手くなっていくわけではないように感じる今日この頃。

昨日より下手になってる箇所が数箇所。
昨日できてたところが出来なくなってるところも数箇所。

毎日練習量に比例して上手になっていくなら、昨日より今日のほうが上手になってるはず。
それが後退してる・・・

一週間ぶりに弾いたとか、そういう理由があるなら後退するのもわかるけど、
昨日も頑張って練習したし、今日も朝練やって夜もやったのになー

逆に、三日ぶりに弾いた割には、前回よりうまくなってるって事もたまにある。

これって筋肉のつき方とかに関係しているのかなーー。

運動にも似たような事を感じた事がある。
昔テニスをやってたときもそう。
バレエのレッスンのときもそう。

練習しすぎると一旦後退するように感じる時があるんだけど、それを何日か過ぎると、上達が感じられたりする。

猛練習したからといってすぐに上達するのではなく、上達を実感するまでが少しタイムラグがあるように感じるんだけど、それって私だけ???

もしかしてオバサンだから、山登りの後、筋肉痛が三日後に出るみたいに、
ピアノの練習も3日後に効果が出るとか(笑)

そんなわけで今日は頑張って練習した割には、昨日よりヘタクソに感じた日でした。

あと、脱力が毎回同じ感じで出来ていないのかもしれない。
たまたま昨日は脱力が上手く出来てたから沢山弾いても疲れなかったとか、
そんな事も関係あるのかなーー。

今日はチェルニーやエオリアンハープみたいなゆったりした部分がない曲など、ラストにさしかかると妙に腕が疲れていたので、きっと脱力がうまく出来ていなかったのかな。

毎回毎回、きちんと力まずにできるようにまだまだ修行が足りないです。

最近ダイエットもしているので、か細い音にならないよう、筋トレもかかせない。
今日は妹のお見舞いに行くのに病院まで自転車に乗らずにウォーキングで行った。

ダイエット初めて10日目、やっと1キロ減った。
私のように身長153センチの小柄な人が1キロ減るのって大変なこと!

減量率でいったら、大柄な人が3〜4キロやせるぐらいに匹敵するように思うのだが自己満足だろうかねーーーー

ダイエットの目的は、夏に向けて痩せたい!なーーんて言うわけじゃないのよ。
水着を着る機会もそんなにないしね。

ピアノを弾いたりバレエを踊ったりするのに適した筋肉をつけたいの。
そんなわけで、今無駄な贅肉落としてるんだけど、脂肪はなかなか落ちてくれないわ!

気長に頑張ります!

tomojo at 22:27|PermalinkComments(17)TrackBack(0)

2005年06月20日

今日は弾きまくった!

今日は義妹が体調を崩して入院したので、お見舞いの為仕事はオフにした。

病院にお見舞い・・・っていっても徒歩5分のところだし、一日中病院に行っているわけではないので、ピアノの練習時間が思いっきり確保できた!

いつもはデジピでしか練習できないが、今日は昼間弾けたので、久しぶりにアップライトも弾いてみた。

マンションなので騒音が気になってしまい、ピアノの裏に毛布を詰めてあったり、弱音ペダルにしたり、音を吸収するように部屋中本棚で囲ってあったりと、全く音の響きがないんだけれど、それでも、デジピとは鍵盤のさわり心地が全然違うのでネ!(^^)。


今日はもうちょっとで丸がもらえそうなチェルニー50番の3番を早く仕上げてしまおうと、沢山練習した。

テンポもかなり速く弾けるようになってきた。
ついでに、ちょぴん様のえちうど10−1もやってみたら、これもまた少し速く弾けるようになってきた・・
とはいってもマダマダ亀の歩み、人前で弾けたシロモノではない。

このまえブログにも書いたが、表現を練習する為に簡単な曲も弾いてみようと思い、ソナチネアルバムを引っ張り出してきた。

ソナチネだと技術的に戸惑ったりする事も少ないし、音をさらうだけで精一杯・・って事もないので、自分なりに楽しく弾く事が出来る。
ソナチネは楽しいなーーー。

今日弾いたのは、ソナチネアルバム14番と15番、モーツアルトのソナタK545&ベートーベンのソナタ20番op.49-NO.2
ソナチネアルバムも、後半の曲はまともに弾こうと思うと、なかなか一口に簡単ともいえない。

きちんと演奏会で人に聞いていただけるレベルまで練習したら、いいお勉強になるに違いない。
でも、練習時間がなかなか取れないので、ソナチネの入る余地は今のところないかなーーー。

《今日の練習》
チェルニー50番ー3番が練習時間のほとんどでした。
ゆっくり練習→細かいミスの部分練習→出来る限り速いテンポで練習→ゆっくり練習。の繰り返し

★その他に今日弾いた曲・・・・・

・ショパン、エチュード10−1(ゆっくりと丁寧に音をさらい、そのあとテンポも上げて弾いてみた)

・ショパン、エチュード25−1(一旦終了した曲ではあるが、まだまだテンポも遅いし、美しく弾けてないので、チェルニーの後、弾いてみたら以前より早く弾けるようになっていた)

・YAMAHA課題曲、早春(バッハのインベンションによく似ているのでテーマを浮き立たせるようにしたり、内声を意識したりの練習、でもまだ指使いや音の把握があいまいなところもあって、超ゆっくりでないと弾けない・・あさってレッスンなのに)

・バッハシンフォニア(7番の譜読みをボチボチ、でもあまり気が進まないのですぐ辞めて、3番をバロックオフで弾く為、おさらいした)

・リスト愛の夢第3番(この曲はどうも気持ちが入らない。さらーーっと一通りしかやらないので、全く上達の兆しがみられない、ウーーーン!)

★気晴らし曲
・モーツアルトソナタK330、K545、ベートーベンソナタ20番op49-NO.2(この3曲は全楽章通して2回ずつ弾いた、もっと精度をあげたいなー)

・ショパンソナタ3番(大好きでたまらない曲、7ページの繰り返しまでしか譜読みしてないのでそこまで。もっと練習したいけど、今はこんな難曲で遊んでいる場合じゃない・・・目先の課題が一杯なので、一回弾いてオシマイ)

・ショパンワルツ14番(チェルニーを頑張っている成果なのか、こういうコロコロと指まわりの速い曲が以前より楽に感じるようになってきた!一回弾いてみて、そんなに衰えていなかったのでヨシヨシ)


《今日の音楽鑑賞》
・ラフマニノフピアノコンチェルト2番(昨日の余韻が残っていて、どうしてもラフマニノフが聴きたくなり、清水和音さんのCDを聴いた!ウットリ)

・ソナタ3番(大崎結真さんのDVDを見た、指の動き、脱力の仕方、音の作り方響かせ方・・・うーーーん素晴らしい!)

♪♪♪久しぶりの仕事オフ、夫は出張中、息子は部活で遅いし、こんなにピアノ三昧なんてめったにないから楽しかった〜〜♪♪♪



tomojo at 22:34|PermalinkComments(4)TrackBack(0) ピアノ